ペット可の賃貸物件は5%前後しかない

ペットを飼っている世帯にとって、転居先を探す際に選択肢の少なさに驚くことがよくあります。全賃貸物件のうちペット飼育可能な部屋は5%前後しかないので、地域を広く探さなければ気に入った部屋を見つけることは難しいでしょう。実際には5%よりも多くの部屋がありますが、ペットを飼っている人は入居期間が長いので、空室として募集されている部屋の数がより少なく見えてしまうわけです。地域差はありますが、全世帯の10%程度と考えておけば、実勢と近くなります。

なぜペット可の物件となっているのか背景を知ろう

部屋を賃貸に出す際には、一度入居すればペットを飼育している世帯ほど長く入居してもらえます。一方で、騒音やペットの糞尿問題が発生すると、管理会社の負担が多くなりがちです。室内犬としてしっかりとした躾がされていれば被害は少ないですが、猫の場合にはコントロールが難しいので部屋の汚損具合が激しくなります。ペット共生住宅として建てられたものか、入居者が余りにも集まらずに仕方なくペット可として賃貸に出しているのか部屋選びの際にはじっくりと考えてから決めると良いでしょう。

半年程度かけてじっくり探すことが何より大切

賃貸物件探しは、1ヶ月から2ヶ月程度の期間で一気に探して決めてしまうことが不動産屋からはよく求められます。しかし、ペット可物件の賃貸探しでは部屋が空いた瞬間から争奪戦が始まる状況となるので、常に最新の空室情報を把握しておく必要があるわけです。常に部屋の空き状況に対してアンテナを張っておくことで、条件に合う部屋が募集開始となったと同時に内見と契約を終えることも時には必要となります。優良物件ほど掲載期間は短くなるので、常時確認をしておくことが大切です。

東札幌の賃貸はアパート・マンションなど種類も豊富にあるので、理想の物件を見つけることができるので人気です。