敷金と礼金は必要な費用と割り切ろう

敷金については保証金としての意味合いもあるので、必要経費として惜しまずに支払いましょう。礼金については、交渉により減額可能な場合もあります。礼金を0.5ヶ月分であっても受け取れる条件として、大家がローン残債が無い場合に限られていることはあまり知られていません。金融機関からの借入に伴い抵当権が設定されている場合などは、礼金を受け取れないことになっているので、競売によるオーナー変更を警戒せずに済む礼金有りの物件を選ぶ人も少なくありません。

鍵交換費や抗菌施工費は払う必要無し

不動産屋をよく選んで利用しなければ、提携業者からのキックバックを不動産屋が受け取るために、大家の預かり知らない所で鍵交換費用や抗菌施工費を払わされる危険があります。近年問題となっているのは、保証人を立てられるにも関わらず保証会社の利用を強制する不動産屋が多いことです。本来は保証会社の利用有無は任意性のものですから、大家に直接確認してみると良いでしょう。大家が保証人で問題ないと判断すれば、自動的に保証会社は不要となります。

大家から直接借りれば仲介手数料不要

不動産屋が本来受け取れる仲介手数料は、家賃の1ヶ月分以内までと決められています。しかし、実際には貸主が払う仲介手数料の分まで借主に特約を結ばせて負担させ、大家からは広告料名目で別途手数料を受け取っている状況です。大家としても無駄な費用と感じているので、大家が直接入居者を募集するサイトが人気を集めています。中間マージンを削除した上で、納得の行く説明が大家から直接受けられるわけですから、自主管理出来る大家から直接借りることがいかに有利か分かるでしょう。

菊水の賃貸物件は、札幌の中でも割と古くから開かれている地域です。ですから、家賃が安い物件ですと築年数がかなり経ち、冬の寒さ対策がしっかりしていない物件があります。新しい物件は、しっかりしています。