海を楽しみたい人は上磯駅を中心に

北斗市は津軽海峡に面しているので、海を楽しみたい人は海峡に沿ったところに住宅を借りると良いでしょう。国道228号が海岸線に沿っているのでマイカー通勤にも便利です。車の無い人は、道南いさりび線(旧江差線)の上磯駅付近に賃貸物件が多くあります。上磯漁港があるので、釣りの好きな人は情報が集まるでしょう。北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」は上磯漁港で水揚げされている北寄貝です。青森~函館間のフェリーを毎日眺められます。

山を楽しみたい人は新函館北斗駅近辺

北海道新幹線の終点「新函館北斗駅」は、JR函館本線大島大野駅にあります。内陸にあるので山に関心のある人は、この駅の周辺に住宅を構えると良いでしょう。国道227号と国道5号も近い為マイカー通勤に便利です。何よりも「きじひき高原」が車で20分ほどで到着できます。山頂からは大沼公園、駒ヶ岳、函館山を見下ろす絶景です。アウトドアを楽しむにはキャンプ場もあります。カタクリの群生地やアヤメ農園もあるので自然が一ぱいです。

歴史を楽しみたい人は渡島当別駅近辺

道南の歴史を楽しみたい人は、道南いさりび線渡島当別駅の周辺で住宅を探すことです。北斗市の西端になりますが、ここにはトラピスト修道院があります。津軽海峡を見下ろす高台にある日本最初の男子修道院で、トラピストバターやクツキーなども販売しています。童謡「赤とんぼ」は三木露風が滞在中に作詞された作品です。近くには「男爵資料館」もあり、ジャガイモの「男爵薯」発祥地です。資料館にはロコモビル蒸気自動車なども見ることができます。

北斗市の賃貸では、あらゆるライフスタイルにマッチした物件が豊富に存在するため、自分好みの物件を見つけられます。