立地が良いかどうかを調べる

賃貸物件を借りる場合に、事前によく下調べをしなかったため後悔をする人がいます。その場合は別に物件を借り直すか、そのまま我慢するしかありません。そこで、どうしたら賃貸物件で満足した住まいを選ぶことができるでしょうか。賃貸物件を借りる時の条件は三つあり一つが立地が良いことです。立地が良い場合というのは、駅から近いというイメージもありますが、バス停から近いことや、インターチェンジから近いことも重要になります。

家賃について考えよう

二つ目の条件は家賃になります。賃貸住宅に住み始めてから毎月支払わなければいけないのが家賃です。家賃は毎月の収入の2割から3割ぐらいといわれています。例えば収入が20万円の場合には4万円から6万円ぐらいの家賃の場所に住むことが大事です。ただ、住宅を借りるときの審査で収入のおよそ4割を占める家賃の場合でも借りることができる場合があります。この場合には、毎月の支払いが大変になりますので、いくら審査に通ったからといって無理して住む必要がありません。まずは安定した生活を目指すために無理のない範囲で支払いましょう。

間取りについてはどうか

三つ目に重要なことは間取りです。いくら駅から近くて通勤しやすいといっても部屋が狭すぎては問題です。逆に部屋が広すぎる場合も部屋の掃除だけでかなり時間がかかってしまうでしょう。基本的には1人暮らしの場合は20平米前後、夫婦だけの場合は40平米前後、そして子供が一人いる場合は60平米前後の面積が理想になります。部屋の広さ以外には収納がどのぐらいあるかもポイントです。収納が狭すぎて一部屋物置にようになってしまわないようにしましょう。

札幌市東区にある元町駅は、札幌市営地下鉄東豊線の駅となっています。周辺には住宅地も多く、元町の賃貸マンションは数が多くあります。