室内清掃費や鍵交換費用は不要

不動産屋が受け取れる手数料は、貸主と借主双方から家賃の0.5ヶ月分までとなり合計で1ヶ月分と法律で決められています。しかし、実際には契約書に特約で貸主が支払う分の仲介手数料まで借主が支払うことになっており、1ヶ月分の仲介手数料を請求されることが少なくありません。借主からは不動産屋が広告料名目で手数料を受け取っているわけです。室内清掃費や鍵交換費用を入居時に受け取る不動産屋も多いですが、提携業者からの紹介料を不動産屋が受け取っており本来は貸主負担となるものですから、借主が負担する必要はありません。

保証会社への加入も必要ありません

以前はほとんど見られなかった保証会社への加入が必須となる賃貸物件が増えています。大家が自主管理している良心的な部屋が減少して、収益物件の運用目的で賃貸経営を行っているオーナーの部屋ほど、管理会社と保証会社に任せて入居者管理をしていないことが多いわけです。保証人を立てれば保証会社に無駄な費用を払うこと無く借りられる部屋は今でもありますが、人気が高い優良物件が多いのでインターネット掲載されることは少ないです。地元の不動産屋で保証会社への加入が不要な部屋を探してみると普通に紹介されるので、優良物件に住みたい場合には保証会社加入拒否をすることも不人気物件を紹介されない予防線となるでしょう。

礼金の有無はオーナー側の事情を窺える

礼金を嫌う人も少なくありませんが、実際には礼金が例え0.5ヶ月分であっても設定されている賃貸物件は低リスクな部屋です。なぜなら、礼金を受け取れる部屋については、建物に金融機関からのローンが残っていないことを意味しているからです。礼金有りの部屋ならば、賃貸経営に失敗して競売に掛けられる危険性が少ない部屋として安心して住めます。普段は嫌われがちな礼金有りの部屋ですが、元付け不動産屋経由でオーナーと交渉すれば、礼金の減額交渉は可能です。

江別市の賃貸では、ペット飼育が可能な物件も多く存在するため、大切なペットと一緒に暮らしたい場合でも安心して物件を探せます。